WILLCOM 03雑感 (その5.83:本気でGPSでトラッキングを 実使用編)

「WILLCOM 03」で、「Pocket Mapple Digital」(以下:PMD)を使用した際に広域図しか表示されない問題は、どう考えてもPDA(スマートフォン)ユーザーのことなんか考えてないシステムのせい(開発屋の目としてみればバグ以外の何物でもないぞ!)だということが判明。

それはともかくとして、とりあえず詳細表示はするようになったのだから、トラッキングの有用性について実測してみることに。
測定は「GarmapCE」の確認と同様に職場から自宅までについて。
前回と違うのは、交通機関が「タクシー」か「電車」+「バス」であること(前回は仕事が立て込んでて終電に乗れなかったんだよ)。

結論。
トラッキングもそれなりに使用できる。
但し、GPSの問題(建物の影響?)かPMDの問題かまでは細かくチェックしていないが、時折10m近くずれる時がある。
また、進行方向を画面上部に固定しているモードだと画面が回転描画されるが、その機能によりさらにトラッキングの描画がずれる。こちらに関しては画面回転機能を停止することである程度は解消できる。

とりあえず今回はトラッキングだけを目的として使用したが、気になる点がある。
それは、相対(対地)速度と標高が表示されないこと
どうでもいいように見えて、実はこれがフィールドワークをする人間には結構重要。
遊歩道がしっかり整備されたところにハイキングに行くのならともかく、テントや寝袋持って山中かけずり(転がり?)回るとなると、とにかく高度は重要。
(もちろん(?)気圧計や高度計付きの腕時計も持ってはいるが、何でもやれるところまでやってみたいのが心情だろう。)

データの切り出しは簡易インストールの母艦からしか行っていないため、どの程度の等高線表示がされるか今後確認するとしても、高度表示がなかったのは結構痛いな。


#2008/09/25
タイトルの項番を5.73→5.83に変更

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック